最新情報

ホーム >  最新情報 > 録画名人の「ダビング10」対応バージョンアップについて

最新情報

録画名人の「ダビング10」対応バージョンアップについて

2008年06月30日(月曜日)


ご利用いただいております録画名人(TZ-DCH2800/2810)におきまして、「ダビング10」対応のソフトウェアバージョンアップが行なわれます。ソフトウェア送信開始日以降で、BSデジタル放送を約20分程度ご視聴していただき、録画名人の電源をオフしてください。その後、自動的にソフトウェアのダウンロードが開始されます。約10分程度でバージョンアップは終了します。バージョンアップに伴うお客さまでの特別な操作は必要ありません。


【注意点】
・全てのデジタル放送及び番組が「ダビング10」に対応するわけではありません。
 (地デジ・BSの一部が対応予定)

・「ダビング10」の番組を録画名人から外付けのHDDにi.LINK経由で直接録画した場合は、
 コピーワンス(再コピー禁止)となります。

・バージョンアップ前に「ダビング10」の番組を録画した場合、コピーワンス(再コピー禁止)
 の番組になります。録画後にバージョンアップしても「ダビング10」の番組として取り扱わ
 れません。


【ソフトウェア送信開始日】
2008年6月30日(月)より


【ダビング10運用開始日】
2008年7月4日(金)AM4:00(予定)


詳しくは、Panasonicのサポートサイトでご確認ください。

http://panasonic.biz/broad/catv-support/manual/download.html


ページの先頭へ戻る